下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

セレナの自動運転の技術レベルの位置づけや、実際運転して渋滞になった時の評価はどうかをご紹介しています。

スポンサードリンク

セレナの自動運転の高い評判の理由について詳しくご案内します。

引用:http://jafmate.jp/blog/news/160713.html

新型セレナに搭載された自動運転プロパイロットは国内メーカーとして初の技術を搭載していますが、その自動運転プロパイロットと呼ばれる技術は非常に高い評判を得ています。

国内メーカーとしてどの点が最新技術なのかをみていくと、高速道路単一車線での走行渋滞、長時間巡航走行の2シーンで、アクセルやブレーキさらにはステアリングのすべてを自動的に制御させ、運転者の負担を軽減する点です。

セレナの自動運転の優れたところ

2016年に発売された日産のミニバンであるセレナに初めて搭載する運びとなりました。

単眼カメラによって高度な画像処理が行われ、道路及び交通状況を正確に把握し、ステアリングを正確に制御することで人間が運転させている感覚に近いナチュラルな走行を実現させています。

自動車メーカー各社はすでにクルーズコントロール技術を取り入れていますが、渋滞時のハンドルやアクセル、ブレーキといったすべての面での自動化は国内メーカーでは初めての取り組みとなります。

このプロパイロットは、ステアリングにあるスイッチの操作のみで簡単でシステムを起動、設定させることができるだけではなく、システム状況を表示する専用ディスプレイも採用しています。

自動運転のシステムが作動されているときは、設定された車速の範囲内で、先行車両との車間距離を正しく保ち、斜線中央を走行するステアリング操作も支援してくれるといった優れものです。

セレナで渋滞時の自動運転についての評判は感動した!との声

セレナに搭載されたプロパイロットは高速道路及び自動車専用道での利用を推奨しています。

しかし、特に渋滞時での自動走行はドライバーの負担軽減において一般道においても威力を発揮してくれると評判が高いものです。

スピードの維持、追従、停止、停止保持、ステアリング制御はそれぞれ機能としてすでに実用化されているものですが、こうした技術をハンドルから手を離したとしても機械の制御だけでコーナーをトレースできるように制御ロジックを変えて開発されています。

その結果、セレナオーナーからとても高い評価を得ているプロパイロットは運転を楽するという声が聞かれるようになり、日産ではこうした高い評判を元に、2020年までには10モデル以上に対して自動運転技術を搭載することを予定しています。

遠出することが苦にならなかったという評判や想像を超える便利さで運転が楽しくなったという声もたくさん聞こえますし、一番多いのはセレナの自動運転技術には感動したという評判です。ぜひ、国内初の技術プロパイロットを経験してみて下さい。

スポンサードリンク

セレナの自動運転技術レベルはどの位置づけか?

引用:http://jafmate.jp/blog/news/160713.html

セレナはミニバンクラスでは世界で初めて、レベル2の自動運転技術「プロパイロット」を搭載しています。

自動運転の定義は、アメリカのSAE Internationalが策定したものを日本でもそのまま流用しており、レベル0から5までの6段階に分かれています。

無人による完全自動運転がレベル5、特定の状況にあって連続的にその状況が続く場合に限り人間が関与する必要が無いのが4、通常は自動運転でシステムから人間へ介入の要請があった場合に手動となるのが3です。

セレナの自動運転技術レベルとその内容は?

セレナが搭載しているレベル2は部分的な自動化で、ステアリングの操作とスピードアップやブレーキングに限られるため、あくまでもドライバーを補助することを目的とした「運転支援システム」になります。

このため事故等が発生した場合の過失はシステム側ではなくドライバーにありますが、運転時の負担を軽減することに替わりありません。

具体的にはセレナの場合、長時間巡航走行と渋滞走行が可能です。

自動運転はプロパイロットボタンにより開始、長時間巡航走行時は高速道路を走行中に、前方を走っている車との車間距離を一定に保つため、ドライバーの介入無しに必要に応じてブレーキングやスピードアップを行い、同時にステアリング操作により車線内の位置を一定に保ったまま走行します。

走行スピードは30km/hから100km/hの範囲で指定可能です。

モニターには設定スピードや前方の車の存在、車間距離等が表示され、設定により車間距離を詰めるかもしくは開くことができます。

セレナの自動運転技術レベルは支援システムとして位置づけか?

渋滞走行も長時間巡航走行と同様に前方の車との車間距離を保ち続けますが、前を走る車が停止し3秒以内に発進した場合は自動的に追従します。

前の車が3秒以上停止してから発進した場合は、レジュームボタンを押すかドライバーがアクセルを踏むことで再び追従を開始しますから、渋滞時の運転は大幅に軽減されます。

運転機能は一般道でも使用可能で、特に渋滞走行はドライバーのストレスを減らすことに成功しています。

注意点としては、あくまでも前方を走行する車を追従しているため、その他の情報を完全に検知し総合的に判断しているわけではありません。

例えば一般道を走行中は信号がありますが自動走行では信号を検知しないため、前方の車が信号無視をしたとしても追従しますから、ドライバーが状況に応じてブレーキングする必要があります。

同様に背の低い子供や自転車は検知しないため、完全に頼らずあくまでも支援システムとして利用する必要があります。

スポンサードリンク

セレナの自動運転は渋滞時の使い勝手はどうか?

引用:http://jafmate.jp/blog/news/160713_3.html

セレナには「プロパイロット」と呼ばれる自動運転機能が搭載されていて、ドライバーの負担軽減が図られています。

プロパイロットはレーダーやカメラで前方の車両の距離を感知してアクセルとブレーキを制御するほか、カメラで道路の車線を読み取ってハンドル操作も行うことができます。

他社の自動運転機能は高速道路を走行している場合(時速65km以上)に限り使用可能ですが、プロパイロットは時速30kmの低速走行時でも作動するという特徴があります。

そのため渋滞に巻き込まれて低速走行をする際も作動します。

海外の自動車メーカーでも上位車種に似たような機能を搭載していますが、セレナのような量販車に自動運転機能が搭載されたのは世界初です。

セレナに搭載されている自動運転機能は同一車線をキープして走行するためのもので、低速時でもクルーズコントロールだけでなくて自動的にハンドル操作が行われるという特徴があります。

セレナの自動運転は渋滞時の対応は高速道路向きか?

セレナのプロパイロット機能は車体が停止した際は自動的に解除されますが、2秒以内に前車が発進すれば解除されずに走行を続ける事ができます。

そのため渋滞時にも利用することが可能です。

前車の停止時間が2秒を超えると自動的にオフになってしまうので、市街地で信号待ちによる渋滞の場合には不向きです。

高速道路を走行している時に、停止するほどではないものの混んでいて低速でノロノロ運転をする際に便利です。

セレナに搭載されているプロパイロットは、市街地や一般道よりも高速道路や自動車専用道路向けの機能と言えます。

前車を感知するとディスプレイに表示され、コンピュータが前方を走行する車両を認識していることをドライバーが確認することができます。

セレナの自動運転でのハンドルスイッチの操作について

プロパイロットを使用する方法ですが、ハンドルに付いているスイッチを操作して速度を調節してスイッチをオンにするだけです。

作動中は自動的にアクセルとブレーキ・ハンドル操作が行われますが、ハンドルから手を放すと警報音が鳴ります。

そのため渋滞時に低速走行をしている場合でも、常にハンドルに手を添えておかなければなりません。

作動中に強い力でハンドルを操作するとプロパイロットが解除されますが、軽い力で微調整する程度であれば手の力を緩めると自動的に車体の位置が車線中央に修正されます。

高速道路の渋滞時などに方向指示器を作動させるとオフになり、車線変更をすることができます。

車線変更が済んだら再度スイッチを入れることで、自動運転を再開させることができます。


あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできるヒント

こちら

新車が値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

 

  • 「ほしい車は今のままでは値段は高いし厳しいし」
  • 「頭金は全くないし、ボーナス払いにしたくないし」
  • 「業者との値引き交渉は苦手だしどうすれば、うまくできるかな
  • 「近くにすぐ車を見せてもらえるディーラーはいないし大変」
  • 「一度連絡するとディーラーの売り込みがはげしいし、イヤだな」
  • 「どうしても最安値で入手したいと思ってしまう」

などなど、悩みは尽きません…

セレナの情報をネットや友人から集めたところで、
カタログレベルなので、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、あてにならず
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と残念ながら一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけして

もらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新のセレナは燃費も安全性能も
装備も、やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク