下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

日産自動車の人気ミドルクラスミニバン「セレナ」は2016年の7月に現行モデルの5代目となるC27型へのフルモデルチェンジが行われており、かねてから日産自動車が力を入れるハイブリッドモデルが発売されています。

セレナハイブリッドの仕組みやバッテリー交換について費用をやすくするアイデアをご紹介。

スポンサードリンク

セレナハイブリッドの仕組みについて

引用:http://car-moby.jp/media?id=161407&post=161393&num=6

セレナのハイブリッドの2つの異なる仕組み

日産自動車が生産に取り組むミニバン「セレナ」はライバル社に出遅れることがあったため、高い燃費性能を求めたハイブリッドを発売しています。

日産が取り組むハイブリッド技術はS-HYBRIDとe-POWERがあります。

このセレナハイブリッドの2つの異なる仕組みについてご説明します。

セレナハイブリッドS-HYBRIDの仕組みについて

セレナハイブリッド仕組みは、他のエコカーのハイブリッドシステムとは異なります。

セレナハイブリッドS-HYBRIDの仕組みについてですが、通常のハイブリッドはリチウムイオンバッテリーに走行時やブレーキングエネルギーを蓄電して、EV走行とエンジンによる駆動を最適なタイミングで変更し、最適な燃費水準にするものです。

それに対し、日産のS-HYBRIDの場合通常のバッテリーにサポート用のバッテリーが搭載されており、エンジンのサポートを行うのみのハイブリッドで、走行中やブレーキ回生による蓄電力をエンジンのサポートに回すのみのシステムで、バッテリーの蓄電されたエネルギーのみでの走行はできません。

これは本来のハイブリッドとは異なり、輸入車でも大型蓄電システムを搭載してブレーキ回生装置を搭載してアイドリングストップやエコモード走行が可能な車両は多いです。

しかし、これはハイブリッド車の概念には入らず、ハイブリッドは一定の燃費水準をクリアした車両に与えられる称号で、JC08モード燃費は15.2km/Lでエコカー減税の対象となるというものです。

一般的なハイブリッドは蓄電された電力のみでの走行と、エンジン回転での走行をモーターでアシストする2つのパターンが走行状況に応じて変化するシステムですが、日産セレナハイブリッド(S-HYBRID)の仕組みは、ECOモーターの力で駆動力をアシストするのみのシステムです。

セレナハイブリッドe-POWERの仕組みについて

もう一つの新型ハイブリッドは、セレナハイブリッドe-POWERです。

アクセルペダルから足を離した時やブレーキペダルに足を乗せ、踏み込む際にブレーキエネルギー回生装置が働き、エコモーターの発電量を増大させ、バッテリー側に蓄電を促す仕組みを持っており、これにより駆動力のサポートを行い、燃費節約を可能にします。

また、アイドリングストップ機能により停車時の無駄な燃料消費を抑えることや、トランスミッションに採用されているCVTが変速時のストレスを軽減し、燃費の悪化を抑える工夫が低燃費を実現するものです。

一般のハイブリッドの仕組みについて

多くのハイブリッドカーは燃費が悪い発進・加速時や低速走行の際に電気モーターの出力を利用します。

そのため電装品用の鉛蓄電池とは別に、駆動用の電力を供給するための大容量のバッテリーを搭載しています。

他社のハイブリッドカーは、サポート用のバッテリ―を搭載しているので交換時には通常の2倍の費用が掛かると言われています。

スポンサードリンク

セレナハイブリッドのバッテリー費用について

引用:http://blog.livedoor.jp/toshi_792t/archives/1021415017.html

バッテリーの仕組みとメリットについて

セレナハイブリッドの場合は駆動用の電力を供給するための大容量バッテリーを備えておらず、電装品用の鉛蓄電池が駆動用の電力を供給します。

そのため通常のガソリン車よりも発電機とバッテリーが強化されていて、発進時にエンジンの効率が悪い時に一瞬だけ電動モーターが加速をアシストします。

電気モーターの出力は2馬力程度ですが、それでも燃費を低減させる効果があります。

それに加えてブレーキ操作の際に発電を行ってエネルギーを蓄えたり、アイドリングストップ機能により燃料の消費量を低減させる仕組みが採用されています。

セレナハイブリッドの仕組みはガソリン車に近く、他のハイブリッドカーと比較すると燃費性能は低いです。

ただし、駆動用の大容量バッテリーを必要としないのでバッテリー交換費用が安いというメリットがあります。

セレナハイブリッドのバッテリーは新車で搭載されているものは日産純正バッテリーで、日産自動車サービスポイントで修理交換が可能ですが、日本製バッテリーメーカーから同レベルのバッテリー製造が行われています。

セレナハイブリッドのバッテリーの値段について

大型のホームセンターや自動車パーツ販売店で販売されているバッテリーは日産純正バッテリーに比べて10000円~15000円お値打ち価格販売が展開されています。

自動車パーツ販売店や日産自動車サービスポイントでは、交換工賃が必要となりますが、自身でバッテリーのみを購入して、交換すれば工賃の節約が可能です。

最近ではインターネットでお値打ち価格で販売していますので、最も安い価格のものは15000円未満です。

バッテリーを購入すると取り外したバッテリーは販売店で一つ引き取ってくれるので、交換後にレシートを持ってお店に行けば引き取ってもらえます。

セレナハイブリッドのバッテリー価格の違い

多くのハイブリッドカーはエンジン始動や電装品用とは別に駆動用の大容量バッテリーを搭載しています。

駆動用バッテリーはニッケル水素蓄電池やリチウムイオン蓄電池などの高価な蓄電池が使用されているので、交換費用が高いというデメリットがあります。

一般的なハイブリッドカーは通常の使用であれば、5年または10万kmを走行するごとに駆動用バッテリーを交換しなければなりません。

駆動用バッテリーの交換費用(新品)の目安は20万円~30万円前後で、かなり大きな出費になります。

リサイクルバッテリーであれば費用を抑えることができますが、それでも10万円以上かかります。

駆動用バッテリーは自分で交換する事ができないのでディーラーに持ち込んで交換作業を依頼しなければならず、作業のための工賃もかかってしまいます。

これに対してセレナハイブリッドに搭載されるバッテリーはアイドリングストップ車用の鉛蓄電池だけなので、数万円程度の費用で交換することができます。

セレナハイブリッドの場合はガソリン車のバッテリー交換手順と同じなので、自分で専用の鉛蓄電池を購入して交換作業を行うことも可能です。

ネット通販を利用して安く購入することができれば、1万円前後の費用でバッテリー交換ができる場合があります。

スポンサードリンク

セレナハイブリッドe-powerの燃費について

セラナハイブリッドe-powerの燃費についてですが、実走の燃費性能はガソリンエンジンと1km/L~2km/L程度異なるのみで、価格面からすればお得感が感じられないという意見も多いです。

e-POWERですが、通常のハイブリッドと異なる仕組みを持ち、モーター駆動のためのエンジンを搭載しています。

エンジンはあくまでも発電用に特化し、100%EV走行であるため従来のクルマ同様、蓄電するのは最小限で良く、バッテリースペースも小さくて済むのと交換時の値段も安く済みます。

このシステムの搭載によりJC08モード燃費26.2km/Lをクリアし、S-HYBRIDよりも11km/Lも燃費向上が見られ、実質走行でも16km/L~18km/Lの燃費性能を発揮し、同クラスミニバンではクラス最高の燃費となっています。

⇒ セレナを70万円安く買う方法を紹介!

 



セレナハイブリッドの蓄電システムのまとめ

蓄電システムの性能は、各メーカーで近縁向上するも、消耗品である以上、必ず交換のタイミングが訪れます。

蓄電に頼らない発電システムを持つ日産の技術は画期的であり、排気量の小型化により自動車税の節税メリットも得られます。


あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできるヒント

こちら

新車が値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

 

  • 「ほしい車は今のままでは値段は高いし厳しいし」
  • 「頭金は全くないし、ボーナス払いにしたくないし」
  • 「業者との値引き交渉は苦手だしどうすれば、うまくできるかな
  • 「近くにすぐ車を見せてもらえるディーラーはいないし大変」
  • 「一度連絡するとディーラーの売り込みがはげしいし、イヤだな」
  • 「どうしても最安値で入手したいと思ってしまう」

などなど、悩みは尽きません…

セレナの情報をネットや友人から集めたところで、
カタログレベルなので、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、あてにならず
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と残念ながら一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけして

もらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新のセレナは燃費も安全性能も
装備も、やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク