下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

セレナ新型ハイウエイスターと標準車は現在のモデルではその外装はあまり大きな違いはないと考えられている面が少なくありません。

新型セレナは非常にスポーティなデザインとなっており、従来のモデルに比べて流麗なデザインが特徴的でこれまでハイウェイスターが得意としてきた様々なパーツの装着は非常に控えめとなっているのがポイントです。

スポンサードリンク

セレナ新型ハイウェイスターの外装の違いとデザインの特徴

引用:http://car-sokuhou.com/serena-gaisou-tigai

セレナの新型ハイウェイスターの外装は、ミニバンではスポーティーさに欠けるセレナを様々な外装パーツでドレスアップ姿スポーティーなイメージに仕上げたもので若いファミリーの間で人気を博している車種です。

その中でもセレナのハイウェイスターはミニバンとして比較的スポーティーさに欠けるセレナを様々な外装パーツでドレスアップし、スポーティーなイメージに仕上げたものとして若いファミリーの間で人気を博している車種です。

また通常自分でドレスアップのオプションパーツを取り付けると非常に高額になってしまうものですが、これらをパッケージで用意することでその価格を非常に安くすることができると言うメリットもあり、多くのファミリー層の支持を獲得しています。

セレナ新型ハイウェイスターの外装の特徴について

セレナ新型においては現代のミニバン自身が従来に比べよりスポーティーなイメージを持たせている傾向にあることから、外装にはそれほど大きな変化を持たせていない点が特徴です。

標準タイプと異なる装備としてはLEDヘッドランプや両側電動スライドドア、および16インチアルミホイールと従来のモデルと比べ非常におとなしめの装備となっていますが、現代のミニバンのモデルにおいて過度なエアロパーツを取り付けることを避け、より引き締まったイメージとなっているのが特徴となっています。

日産自動車が製造販売を手掛ける中型ミニバンのセレナは、1991年のデビューから27年の月日が経ちますが、当初同社が販売していた商用モデルであるバネットの派生車として内装、外観等のスペック変更が行われ、現在までに4回のフルモデルチェンジを行っており、人気のあるミニバンとして継続するモデルです。

現行モデルの5代目新型セレナは2016年にフルモデルチェンジが行われ、プロパイロットと言われる、同一車線自動運転システムなど、日産独自の安全装備が搭載され、エクステリアデザインやインテリアデザインに関しても大きく変更されました。

日産自動車が生産する車はどの車種でもグレードによってスペックは異なります。

5代目モデルの新型日産セレナもグレードによりスペックの違いがあり、大きく違うのは外装です。

人気グレードのハイウェイスターはスポーティーなフォルムに仕上がり、タイヤホールやエアロパーツ、エクステリアアクセサリー類が標準グレードに比べて変更されています。

スポンサードリンク

セレナ新型ハイウェイスターのスライドドアと16インチアルミホイールが嬉しい!

引用:http://car-sokuhou.com/serena-gaisou-tigai

その中でも特に嬉しい装備に両側電動スライドドアと、16インチアルミホイールの装着があります。

両側電動スライドドアはミニバンを購入する人のほとんどはオプションで装着するものとなっており、その装着費用の価格に不満を持っている人も少なくありません。

今回の標準装備で両側電動スライドドアの採用はミニバンを購入する人にとっては非常に嬉しい装備となっており、その装備を求めるためにハイウェイスターを選ぶと言う人も多くなっているのです。

スライドドアについて紹介

スライドドアについては、両側電動スライドドアが標準装備となっている点がポイントで、従来の物とは異なるコンセプトを適用しています。

現在のミニバンにおいては両側スライドドアはオプションとなっていることが多いのですが実際にはそのオプションを選択する購入者が多く、割安でこれを選択できることが大きなポイントとなっているのです。

今回の新型セレナは非常にスポーティーなイメージを持たせるデザインとなっているため、ハイウェイスターにおいてもそのデザインを生かしたものになっているのが特徴で、より高いレベルで走行性能と外見の美しさを表現したものとなっています。

16インチアルミホイールについて紹介

また外装において特徴的なのは16インチアルミホイールの採用です。

標準車においてもオプションとして用意されているものですが、ハイウェイスターに装着されているものは専用のものとなっており、足元を引き締める意味で非常に高い効果を生み出しています。

ミニバンにおいては16インチを装着する事は比較的珍しく、重心の高い車種であるためにそのバランスを維持することが難しい傾向がありますが、今回の新型セレナの場合はその設計上重心が低く設定されており、16インチアルミホイールの採用が非常に高い効果を生み出すものとなっているのです。

ハイウェイスターは日産の誇る車種のスポーティーバージョンで古くから人気を博しています。

フロントスポイラーやリアスポイラーなどの外装を施し、外見をスポーティーに見せるとともに空力特性も向上させ結果として燃費を引き上げております。

そしてハイウェイスターのコンセプトであるスピード感を持たせたデザインは健在で、その効果はフロントグリルのイメージ16インチアルミホイールの採用等に表れています。

フロントグリルは標準車とは異なり非常に流麗なデザインとなっており、また控えめのフロントスポイラーの装着により空力特性を標準車に比べ高い割合で向上しています。

外見からはあまりよくわからない部分もありますが、ボディーの下側に効果的に配置してされたスポイラーが車の下側に回り込む空気の流れを整え直進性と燃費向上を実現しているのです。

従来のモデルの場合には大型のスポイラーをフロントとリアに配置し、空気の制御を行っていたのですが、今回のモデルについては別所においても空力特性が非常に考慮されており、その特性を生かしさらに向上させるデザインを追求した場合に大型のスポイラーは必要なく、今回のデザインとなっています。

さらにミニバンはそのスタイルのため、重心が高くなってしまうイメージがあり、特に足元の部分が浮いて見える傾向があることからこの部分にサイドステップなどをオプションで取り付け重心を低く見据えていると言う人も多いものです。

しかしこの場合には赤が高い分ボディーが間延びしたような状態となる傾向がありました。16インチアルミホイールを標準で装着することで、足元をしっかりと引き締めスポーティーさを表現しているのがポイントです。

スポンサードリンク

セレナ新型ハイウェイスター上級グレードG

引用:https://kei-luv.com/?p=2935

ハイウェイスターの上級グレードにGグレードがありますが、このグレードが標準グレードと大きく違う点として、ステアリングが本革巻きステアリングとなっており、すべてのシートで高級合皮張りになっています。

標準グレードはモケットシートに対して高級感のある合皮張りとなっているので、内装全体がシックで高級感があり、どこか欧米の高級車を彷彿とさせます。

ハイウェイスターは大きく分けて4つのグレードで展開しており、個別のグレードでスペックがこと細かく変更されています。

上級グレードのGやプロパイロットエディションGの場合、外装のオートスライドドアハンズフリー機能の搭載や専用サスペンションの他に、超ロングスライドシートが標準装備され、通常のハイウエイスターには搭載されていない特別な装備が設定されています。

また、ナビゲーションシステムや安全支援システムインテリア空間で搭乗者が便利に利用できるシステム等はオプションにより設定可能ですが、グレードにより設定できないオプションがあるので、カタログでの確認が必要になります。

セレナ新型ハイウェイスターのグレードとオプションのまとめ

また、グレード別、オプションの搭載により購入価格は大きく異なりますので、購入時には日産のホームページ上から購入シュミレーションにより、好みのグレードと搭載したいオプションを選び、購入総額がいくらになるか確認しておくことが良いでしょう。

各オプションにはサービスや値引きもあるのでこれも同時に確認しておきましょう。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできるヒント

こちら

新車が値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

 

  • 「ほしい車は今のままでは値段は高いし厳しいし」
  • 「頭金は全くないし、ボーナス払いにしたくないし」
  • 「業者との値引き交渉は苦手だしどうすれば、うまくできるかな
  • 「近くにすぐ車を見せてもらえるディーラーはいないし大変」
  • 「一度連絡するとディーラーの売り込みがはげしいし、イヤだな」
  • 「どうしても最安値で入手したいと思ってしまう」

などなど、悩みは尽きません…

セレナの情報をネットや友人から集めたところで、
カタログレベルなので、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、あてにならず
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と残念ながら一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけして

もらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新のセレナは燃費も安全性能も
装備も、やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク