下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

セレナのe-POWERには、スムースな走りや運転時の負担軽減などの魅力がありますが、一方では内装にもこだわりを見せています。

デザイン面は2016年モデルがベースで、ガソリン車と共通のインパネになっているのが特徴です。

ただ、新型では随所に改善や工夫が施されていて、細部にはガソリン車とは違う専用装備が備え付けられます。

スポンサードリンク

セレナe-POWERの内装全般について

引用:https://iketel.xyz/serena_interior

セレナe-POWERは日産から発売されている電気自動車です。

電気自動車という乗り心地が良く快適という特徴が、人気のセレナに加わっているのがこのe-POWERです。

ではその内装はどのようになっているのでしょうか。

セレナe-POWERの内装はグレードにより異なる!

内装について、基本的にはセレナe-POWERのグレードは全部で4つあるといわれています。

e-POWERXとe-POWERXV、ハイウェイスターとハイウェイスター Vです。

そして、そのうちの2つが防水シート車もありますが、基本的なグレードは4つということになります。

e-POWERXは、コスパがよく快適な電気自動車に乗りたいという人に人気があります。

e-POWERXVはより快適な室内空間がほしいという人に支持されていて、ハイウェイスターは外装にも特徴があり、ハイウェイスター Vは快適性が高くて外観のカッコ良さなどを求める人に支持されているといわれています。

一方、セレナe-POWERの内装はグレードにより異なります。安価なグレードXVXV防水シートハイウェイスターハイウェイスターVがあります。

インテリアカラーXVで3色選べフェザーグレーという明るめのグレーとブラックプレミアムインテリアが選択できプレミアムインテリアはエアコンの吹き出し口位置から水平方向に薄い茶色になり、ステアリングも茶色です。

他に、2列目と3列目に関してはフェザーグレーブラックは単色系の内装でプレミアムインテリアが茶系で統一されていますがテーブル部分はブラック系と同様のテーブルの色になります。

また、グレージュに関しては色の配色はグローブボックス付近は同色でエアコンの吹き出し口位置から水平方向に薄いグレー系の色になります。

セレナe-POWERの内装の特徴とは?

この車の内装的な特徴として、落ち着いた車内空間で、快適な座席が用意されており、座席アレンジメントなども選択肢があります。

また、実際に社内で過ごす時間をより快適に過ごせるよう、ドリンクを設置する備品などの工夫が見られます。

それと、他社と比べ大きな特徴の一つとして、アクセルペダルのみで発信から停止までを行うワンペダルが採用されてますのでSモードECOモードにしておくと止まるときまでブレーキペダルを踏まなくても停止させることが出来ます。

しかし、急ブレーキ時やブレーキが必要な場合はブレーキペダルを踏むと通常の車と同様に止まれますので安心です。

逆にe-POWERのデメリットとしてシフトレバーが短くなり操作性が悪いという意見もあります。

それに通常のガソリン車とは違い高速道路の方が燃費は落ち込みます。

他にも下り坂と上り坂ではかなり燃費が異なるという場合があります。

これは同様のシステムを積んだ他車種でも同じような状態になりやすいです。

少しでも燃費良く乗るのであればECOモードで走り速度を出さずに坂を上ると良いです。

スポンサードリンク

セレナe-POWERのXとXVの内装の違いは?

引用:http://newcar-magazine.com/blog-entry-638.html

セレナe-POWERXの内装の特徴

セレナe-POWERXXVの内装の違いについてですが、例えばe-POWERXはキャプテンセカンドシートや運転席や助手席セカンドシートのアームレストなどが備えられています。

セカンドシートが独立配置されていたり、アームレストつきでゆったりと過ごせるようになっているというのもメリットです。

キャプテンシートもあり、市街地でも高速道路も快適にすごせます。

セカンド左右にカップホルダーが2個ついていて、パーソナルテーブルもあります。

シートバックフックなども4つ備えられています。

セレナe-POWERXVの内装の特徴

e-POWERXVの場合は、車内でドリンクを飲みながら快適に過ごせるようカップホルダー12個装備され、やシートバックフック8個やセカンド・サードに各2個のUSB電源ソケットが装備されています。

運転席や助手席にはスマホやタブレットが収納できるようにシートバックポケットもあります。

スポンサードリンク

セレナe-POWERの内装でハイウェイスターとハイウェイスターVの違いは?

引用:https://iketel.xyz/serena-grade-naisou

セレナe-POWERのハイウェイスターとハイウェイスターVに関してはフェザーグレーの代わりにグレージュという内装が使用されています。

ハイウェイスターとハイウェイスター Vの内装は、基本的にXやXVと同級くらいだといわれます。

XとXVなどにも装備されている運転席前方の収納ボックスはスマホなどを設置するのに適したスペースです。

また、ボックス内部のUSBソケットなどで充電や収納が可能 です。

エアコン操作パネルの下側のトレイには照明つきで使い勝手のよい収納スペースです。

セレナe-POWERはどのグレードの車も内装という点では快適に過ごせる備品などが備えられて工夫されており、グレードによる大きな差はないといえます。

他にもe-POWERは7名乗りしかない為8人乗るには通常のガソリン車を選ぶ必要があるのでよく見ておく必要があります。

また、足元もバッテリーがある為ガソリン車程広くはないですが十分な広さはあります。

それと、ハイウェイスターとの装備差はステアリングスイッチにオーディオボタンが追加されたことやLEDヘッドライトが標準装着されています。

また、ハンズフリーオートスライドドアが両側に採用されています。

この装備はスライドドアの下に足を翳すと扉の開閉が出来ます。

また、通常のエンジンのみで動くハイウェイスターVは16インチに対しe-POWERハイウェイスターVは15インチになるので注意が必要です。

⇒ セレナを70万円安く買う方法を紹介!

 



セレナe-POWERの色などについての内装ポイント

乗車して最初に目に付くメーターは、e-POWER専用に変更されています。

ガソリン車、マイルドハイブリッド車はシルバーカラーの加飾でしたが、新型ではブルーに変更されているのがポイントです。

またこのブルーカラーは専用色で、エコでクールに印象付けられている、新型ならではの変更だといえるでしょう。

一見すると分かりにくいですが、メーター左のアドバンスドドライブアシストディスプレイも、専用の物になっていてガソリン車と区別化されています。

新型セレナにおけるもう一つの内装の特徴には、e-POWERで採用されている電子式シフトレバーや、スタータースイッチに各種の装備が挙げられます。

電子式のシフトレバーは、セレナがe-POWERになってから採用され始めた物です。

正確には内装というよりも、内装と機能性を兼ね備えた部分が変更になったということです。

乗車の度に目にするスタータースイッチは、丸いメタリック調のブルーカラーが印象的で、ハイブリッド車だと実感させるデザインになっています。

メーター部分にも見られるように、新型セレナではブルーカラーをアクセントに用いているのが注目点です。

逆に実用的な部分では、ヒーター付きのステアリングであったり、アラウンドビューモニターなどが挙げられます。

ステアリングの変更はオプションですが、冬に嬉しいステアリングヒーターを選べるのは魅力的です。

アラウンドビューモニターは、俯瞰的な視点で駐車をナビゲーションしてくれる仕組みです。

これもe-POWERで採用された装備で、ハイブリッド車のセレナらしい変更点です。

ニターには、駐車に役立つガイドも表示されますから、安全運転をサポートする役立つ機能だといえます。

センターコンソールの大型化は地味な変更ですが、利便性が高まって実用的に使えるのも嬉しいところです。

こちらもブルーのイルミネーションが採用されていて、ちょっとしたアクセントになっています。

乗り心地を左右するシートは、上位グレードのハイウェイスターに対し、全面がトリコット素材なのが気になる部分でしょう。

素材や色使いが異なるプレミアムインテリアも、上位だけが選べる特別仕様なので、内装には少なからずグレード差があります。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできるヒント

こちら

新車が値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

 

  • 「ほしい車は今のままでは値段は高いし厳しいし」
  • 「頭金は全くないし、ボーナス払いにしたくないし」
  • 「業者との値引き交渉は苦手だしどうすれば、うまくできるかな
  • 「近くにすぐ車を見せてもらえるディーラーはいないし大変」
  • 「一度連絡するとディーラーの売り込みがはげしいし、イヤだな」
  • 「どうしても最安値で入手したいと思ってしまう」

などなど、悩みは尽きません…

セレナの情報をネットや友人から集めたところで、
カタログレベルなので、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、あてにならず
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と残念ながら一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけして

もらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新のセレナは燃費も安全性能も
装備も、やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク