下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

日産の電気自動車のセレナe-POWERはミニバンでありながらガソリン代が大幅に削減出来ます。

ハイブリッド車よりも燃費が良いエコ自動車に加えて先進の安全装置をオプションで用意しているエコカーとして知られています。

そこでセレナe-POWERを買った場合に掛かる税金や減税の有無などを紹介します。

スポンサードリンク

セレナe-POWER購入時の税金の重要性

引用:http://car-report.jp/blog-entry-1669.html

e-POWERの税を考える上で事前に考えておくことをおすすめします。

自動車を購入する際には、手に入れた後の維持費用も考慮して車種やグレード、装備などを決めることが重要です。

購入後の維持費用には様々な種類がありますが、そのうち考慮の際に欠くことができないのが「税金」です。

日本では、自動車については課される税金の種類と金額が諸外国と比較しても多いといわれていますが、日産自動車が開発しているセレナe-POWERの場合はどのようになっているのでしょうか。

セレナe-POWERは、名称にはハイブリッドという表現は用いられていませんが、エンジンで発電機を駆動し電力を蓄え、蓄えた電力でモーターを駆動させ走行させる仕組みの自動車です。

さらにエンジンで発電した際の余った電力やブレーキをかけた時の力で発生させる電力を蓄電池に蓄え、その電力も駆動させるエネルギーとして利用し走行することも可能です。このような仕組みのエンジンは環境にやさしく、一定の基準をクリアすれば、自動車に関連した税制面においても優遇されています。

スポンサードリンク

セレナe-POWERの具体的な税金の金額について

引用;https://fourel.info/?p=1774

通常、登録自動車を新車として購入した場合には自動車税、取得税、重量税、消費税の4つの税が課税されます。

しかし、電気自動車であるセレナe-POWERは次世代自動車としてエコカー減税の対象となっているため、自動車取得税と自動車重量税については免税、つまりゼロ円になります。

また、入手時の自動車税は購入した月の翌月から年度末にあたる3月までの分が月割で課税されることになっており、セレナe-POWERの場合は排気量が1,198ccであることから、34,500円を月割にしたものが税額になります。

消費税は車両本体、オプション、諸手続きの代行費用の3つに上乗せされますが、最も上乗せ分が大きくなるのは車両本体価格にかけられる分で、300万円台で販売されている車種であることから、上乗せされる税額は20万円を大きく超えます。

セレナe-POWERは先進の安全装置に加えて、エコカー減税による免税をすべてのグレードで受けられるので、非常にお得感が強調されています。

もちろん、ガソリン代や保険、駐車場の料金などを入れればさらに維持費は増えるでしょうが、それでもエコカー減税がほとんど適用されない同型のファミリータイプのミニバンを買うよりは維持費が抑えられるので、長く家族で乗れるエコカーと言えるでしょう。

セレナe-POWERの具体的な自動車税の金額

セレナe-POWERの購入時に納付した税金のうち、自動車税についてはその後も毎年、重量税は車検をする度に納付することになります。

自動車税は購入の翌年度分はエコカー減税が適用されて75%減税となって9,000円ですが、その次の年度からは通常通りの税額が適用されます。

自動車税は排気量によって決定され、ミニバンに相当するこの車種の場合はエコカー減税が適用されます。

セレナe-POWERの具体的な重量税の金額

自動車重量税はその名の通り自動車の重量で決まり、今回の場合だとエコカー減税が適用され新車購入から3年(初回の車検を含む)は自動車重量税が免税されます。

加えて、自動車取得税も免税です。

そして、重量税は購入後最初の継続検査の分は引き続き免税となりますが、2回目以降は本則税率が適用され、税額は車両重量が1,730~1,770kgとなっているため10,000円となります。

とはいえ、この金額は1回の車検までで、2回目以降の車検の場合は自動車重量税が1万円掛かります。それを計算に入れると、2回目の車検を迎える6年目以降は2万円前後の税金が掛かる計算です。

しかしそれでも、エコカー減税が適用されていない他社の同型タイプのミニバンと比較した場合3万円~6万円と税金額だけで見ると安くなっており、本体価格が高くなりがちなミニバンにあってはかなりのアドバンテージと言えます。

スポンサードリンク

セレナe-POWERのハイエスターの優遇税額の比較はどうか

引用:https://motor-fan.jp/article/10000295

それぞれの優遇税制には適用期間が設けてあります。

エコカー減税による自動車取得税の優遇は平成31年3月末まで、エコカー減税による自動車重量税は平成31年4月末まで、自動車グリーン税制による自動車税は平成31年3月末までとなっています。

セレナe-POWERハイウェイスターVの場合

具体的なセレナe-POWERハイウェイスターV(車両本体価格3,404,160円)の優遇される税額は、自動車取得税85,000円、自動車重量税30,000円が全額免税です。

自動車税は登録地の自治体により多少異なる場合もありますがおおよそ25,500円が減税されます。

よって購入した最初の年には合計140,500円の優遇処置を受けられます。

セレナハイウェイスターVセレクションの場合

これをセレナハイウェイスターVセレクション(車両本体価格2,934,360円)と比較すると、自動車取得税は20%減税、自動車重量税は25%減税、自動車税の減税は無しで、それぞれの減税額は14,700円、7,500円、0円となり合計22,200円です。

つまりエンジンがe-POWERであるかどうかの違いで優遇される税額が10万円以上異なることになるのです。

⇒ セレナを70万円安く買う方法を紹介!

 



その他の考えておくべき費用

一方、税金ではないものの、これに準ずるものとして把握しておきたいのが、自動車購入時には必ず加入しなければならない自賠責保険の保険料です。

新車を購入した場合は、初回の車検が3年後であるため、36ヶ月を保険期間として加入するのが一般的です。

保険料は定期的に改定されますが、2018年度は36ヶ月の自賠責保険料は35,950円となっています。

また、初回の継続検査以降は2年に1度検査に出すため、自賠責保険の加入期間も24ヶ月となり、保険料は25,830円になります。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできるヒント

こちら

新車が値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

 

  • 「ほしい車は今のままでは値段は高いし厳しいし」
  • 「頭金は全くないし、ボーナス払いにしたくないし」
  • 「業者との値引き交渉は苦手だしどうすれば、うまくできるかな
  • 「近くにすぐ車を見せてもらえるディーラーはいないし大変」
  • 「一度連絡するとディーラーの売り込みがはげしいし、イヤだな」
  • 「どうしても最安値で入手したいと思ってしまう」

などなど、悩みは尽きません…

セレナの情報をネットや友人から集めたところで、
カタログレベルなので、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、あてにならず
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と残念ながら一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけして

もらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新のセレナは燃費も安全性能も
装備も、やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク