下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

2018年3月1日にセレナ新型ハイブリッドe-POWERが発表されました。

e-POWERが搭載された新型のハイブリッド車はガソリン車と比較して大幅に燃費性能がアップしています。

セレナ新型本体オプション、ならびに中古相場についても見てみましょう。

スポンサードリンク

セレナ新型ハイブリッドの価格相場はどうか?厳しい?

引用:http://car-moby.jp/media?id=176719&post=197369&num=2

日産セレナ新型モデルの値引額は購入を検討するオーナーにとってもっとも重要な問題となります。

注目を集めているグレードは新型ハイブリッドユニットを搭載した、e-POWERの各グレードでしょう。

新型ハイブリッドユニットe-POWERとは、EV走行をするために駆動用の大出力モーターを稼働させるための小型エンジンを搭載しており、これまでの2000ccエンジンから、1200㏄にダウンサイジングされており、エンジンはあくまでもモーターでの駆動を促すために稼働するもので、100%モーターの力で走行するパワーユニットです。

これは日産独自に技術であり、他社にはない新型パワーユニットであり、大型の電池を搭載していないことから耐久性が高いと考えられています。

同社で生産する人気小型モデルの「ノート」が販売台数トップに躍り出た理由もe-POWERグレードが設定されたことによるもので、日産はこれに対して強気の販売姿勢で臨んでいるようです。

e-POWERを搭載したモデルの車両値引は平均で15万円程度と言われています。

ライバル社が力を入れるハイブリッドカーと競合させて交渉を進めると値引額を20万円まで引き上げる可能です。

問題となるのは車両本体価格からの値引ではなく、オプション搭載時にどれだけの値引きが実施されるかでしょう。

最近の車は様々な機能がオプションにより搭載可能で、必要な装備をあらかじめ選んでおくことが一般的です。

セレナ新型ハイブリッドの値引きのポイントは?

異なる複数の企業の視点で見積もりが行われると、意外な買取価格が引き出せます。

契約日はキャンペーン等を狙いましょう。

キャンペーン日は土・日・祝日が多く、何らかのサービスがプラスされるはずです。

月末の契約や決算ずきの契約を狙うと値引額がアップします。

車両本体価格から20万円以上の値引きを引き出す交渉をしても意味がありませんので、戦略的な交渉を行って値引き額を大きくしてゆきましょう。

セレナ新型ハイブリッドの値引きしやすい時期は?

商談の方法も工夫が必要で、競合他社のトヨタ自動車のヴォクシー、エクスァイア、ホンダ技術研究所のステップワゴンなどを天秤にかけて交渉する必要があります。

日産自動車内の車両を天秤にかけるより、他社のライバル車両を天秤にかけることで、他社に売り上げが持って行かれないようにしたい営業としては値引きに力が入ります。あらかじめ、前途の見積書も持参するとさらに効果的でしょう。

また決算月は、どのディーラも年度末であるため少しでも売上額を上げたいと考えており非常に値引きがしやすい時期でもありますので、ねらい目だといえます。

セレナ新型ハイブリッドの査定額にカラクリが?

ここで注意したいのが、ディーラが値引きの代わりに下取り車の査定を上げて高く買い取ることで総支払額を下げる手法をとることが多いのですが、最初の下取り価格が適正ではない(安く見積もられている)場合が多いです。

下取り価格が適正な値段か判断するのにあらかじめ、買い取り業者複数社に査定額を見積もってもらい、適正な価格を知っておくとよいでしょう。

セレナ新型ハイブリッドの値引きについての口コミ

セレナ新型ハイブリッドの値引き幅ですが、インターネット上の口コミサイトなどに実際に購入した人のデータがアップされています。

値引きに成功した金額を見ると、e-POWER搭載車の場合は最高で25万円(車体のみ)となっています。

定価と比較すると約6%~8%程度の値引き幅に留まるので、消費税の分だけ安くなる程度です。

ただし、オプションや付属品込みであれば30万円の値引きに成功したという報告があります。

2018年7月時点でe-POWER搭載車を新車で購入する場合には車両本体価格から25万円引き、付属品やオプション部分については5万円前後の割引を目標に交渉することができます。

平均的にはトータルで20万円引きぐらいで購入する例が多いようです。

ちなみにe-POWER非搭載車の方は50万円とか70万円の値引きに成功したという報告があり、これは1割~2割もの値引きに相当する金額です。

このことから、e-POWER搭載車は大幅な値引き交渉を期待するのはかなり難しいようです。

スポンサードリンク

セレナ新型ハイブリッドのオプションの値引きはどうか?

引用:https://8971.info/news/serena/maker_option

セレナ新型ハイブリッドのオプションの場合

セレナ新型ハイブリッドのオプションの平均は30万円と言われていますが、人によっては80万円程度カスタマイズする人もおられます。

オプション価格から30%ぐらいの値引は可能と言われていますが、サービスオプションを足せば値引率が上がります。

値引とは違う概念として下取り価格を限界まで上げることも必要です。

支払う差額を減らすという意味では、値引きにもなるのかもしれません。

ディーラーでの下取りは買取店に比べて高めで、一括査定を試すことで20万円以上のアップも夢ではありません

セレナ新型ハイブリッドのディーラオプションとは?

特にディーラーオプションはディーラで購入、取り付けるを行う製品であるため、製品売買の売り上げより工賃で利益を出していることが多いため、
車両購入してもらうのに、取り付け工賃をサービスするのが容易であるため値引きがしやすいです。

実例でフロアカーペットサイドバイザーボディーコーティングETC取り付け工賃などが無料サービスで取り付けてもらった人がいます。

スポンサードリンク

セレナ新型ハイブリッドの中古価格相場は?

引用:https://www.webcartop.jp/2018/03/216568

セレナ新型ハイブリッドの中古価格相場を考えるにはまだ早い?

製造中の最新モデルの場合にはディーラーが購入した車両が未使用車として売りに出されるケースがあり、現行車種を安く購入する裏技として知られています。

セレナについてはVセレクションなどが未使用車として中古市場に流通しているので、割引価格で購入することができます。

これに対してe-POWER搭載のセレナ新型ハイブリッドについては、2018年7月時点で中古車市場に流通していません。

そのため、e-POWER搭載車を安く購入したい場合にはディーラーで値引き交渉をする必要があります。e-POWER搭載車種の車体価格は値引きに応じてもらいにくいのですが、付属品やオプションについては他の車種と同じように値引きに応じてもらえる可能性があります。

⇒ セレナを70万円安く買う方法を紹介!

 



セレナ新型ハイブリッドを値引きで買う場合のまとめ

2018年7月時点ではe-POWER搭載車の販売が開始されてから半年も経過していないため、値引きに応じてもらいにくい言えます。発売後1年くらい経過すれば今よりも新車の値引き幅が大きくなる可能性があるので、可能であれば2018年の秋以降または2019年まで待った方が安く購入できる可能性が高くなります。

 

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできるヒント

こちら

新車が値引き金額から、更に70万円安くなる裏ワザとは?

 

  • 「ほしい車は今のままでは値段は高いし厳しいし」
  • 「頭金は全くないし、ボーナス払いにしたくないし」
  • 「業者との値引き交渉は苦手だしどうすれば、うまくできるかな
  • 「近くにすぐ車を見せてもらえるディーラーはいないし大変」
  • 「一度連絡するとディーラーの売り込みがはげしいし、イヤだな」
  • 「どうしても最安値で入手したいと思ってしまう」

などなど、悩みは尽きません…

セレナの情報をネットや友人から集めたところで、
カタログレベルなので、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、あてにならず
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と残念ながら一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけして

もらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新のセレナは燃費も安全性能も
装備も、やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは20万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク